新潟大学工学部 化学システム工学プログラム | 入学希望の皆様へ

工学部の化学は他の学部とどう違う? 工学部の化学は他の学部とどう違う?

高校の化学は理学の化学 高校の化学は理学の化学

「なぜ」をどんどん突き詰め、掘り下げる。
物質の性質や反応の仕組みが主な対象。
料理人に例えると、「どう焼けるか」「焼いたらどうなるか」といった料理の手法に目がいきます。

農学部や薬学部、医学部の化学 農学部や薬学部、医学部の化学

バイオや薬、治療との分野に特化。
料理人に例えると、特定の種類を極める専門シェフです。

工学部の化学 工学部の化学

人々の暮らしを良くするために使います

新素材、医薬・医療、エネルギー、環境などの分野に応用し、知識を深め、統合して「夢の〇〇」を実現します。

料理人に例えると、ホテルレストランのシェフです。
多くの種類の料理を多くの人々に味わってもらうことができます。

工学部の化学

工学部の化学の特徴は、枝を広げた大樹のように応用範囲がとても広いことです

工学部の化学 ▶ 暮らしを豊かにする化学 工学部の化学 ▶ 暮らしを豊かにする化学

エネルギーや、他の製品の原料になる中間原料、化学製品、食品、医薬品は、必要な量を作ることにより、人々の生活を支えることができます。素晴らしい機能をもっている原料であっても、需要を満たす供給量がなければ、社会生活を豊かにできません。工学部の化学は、原料を必要量生産するための社会基盤になっています。

こちらも、料理に例えると、化学製品は料理に相当します。おいしい料理は、新しい機能や高い機能を持った価値の高い製品ということになります。王様の料理人であれば数人分の料理を作れば良いのかも知れませんが、多くの人を幸せにする、つまり、多くの人に味わって貰うためには、何十人分とか大きなパーティであれば何百人分の同じ料理を作る必要があります。肉や魚も同じ大きさのものをそろえる必要があります。おいしい料理を作るためには、「良い食材」「良いレシピ(料理方法)」の両方が必要です。何百人分の料 理を作るためには、その食材をそろえなければなりませんし、料理を作る作業を監督する必要があります。

工学部の化学は、大きなホテルの総料理長にも相当します。

「良い食材」は「新素材や新エネルギー、機能性材料」に相当します。「良いレシピ」は効率よく環境に悪影響を及ぼさない製造方法に相当します。

工学部の化学 ⇒ 食材担当▶応用科学 ・ レシピ担当▶化学工学 工学部の化学 ⇒ 食材担当▶応用科学 ・ レシピ担当▶化学工学

化学システム工学プログラムでは、
レシピにも詳しい食材担当
食材をよく知っているレシピ担当
そして担当が変わっても活躍できる
応用力の高い人材を養成しています。

化学の食材 ▶ 応用科学 化学の食材 ▶ 応用科学

化学の食材は、機能を極限にまで高めた材料です。
新しい材料が開発されると、新しいレシピが作られ、新しい料理つまり新しい製品が開発され、暮らしが豊かになります。

化学の食材を担当する応用化学には大きく5つの分野があります。

  • 無機化学

    無機化学は無機物質を扱いますが、食材の中では食塩やベーキングパウダーが代表でしょう。この写真はスパイス類ですが、無機物質の中には触媒のように化学反応の中でスパイス的な役割を果たす材料が数多くあります。

    無機化学
  • 有機化学

    有機化学では、分子の構造を設計し、精密に組み立てています。天然化合物の中から有用物質を探索したり、その有用物質を合成する方法やさらに価値を高める方法を開発したりします。

    有機化学
  • 高分子化学

    高分子化学は工学部に特有の分野です。繊維やプラスチックが一番身近な例でしょう。分子の連なりが大きくなると、新しい性質が現れるようになります。
    現在の私達の暮らしの中で高分子が果たす役 割はとても大きくなっています。

    高分子化学

分析化学と物理化学はすこし特性が違います。
無機、有機、高分子といった材料の違いではなく、これらに共通の基盤を持っています。

  • 分析化学

    材料の量と特性を正確に計るのが分析化学です。測ることができなければ、何をどれくらい合成したのか全くわかりません。分析は化学の基本です。

    分析化学
  • 物理化学

    物理化学は、物質の変化や混合物を扱う化学です。物質がどのような状態にあり、どのように変化するのかを調べます。物理化学は理学、工学の基礎学問として重要です。

    物理化学

化学のレシピ ▶ 化学光学 化学のレシピ ▶ 化学光学

食材が良くても、料理方法が悪ければおいしい料理は出来ません。食材を生かすも殺すも料理方法次第です。
化学のレシピで重要なことは、素材を生かすことはもちろんですが、素材を無駄にせず、捨てるところをできるだけ減らすこと、エネルギーを無駄遣いしないこと、同じものを作ることです。

化学のレシピを担当する化学工学には、反応工学、単位操作、移動現象論、品質管理・プロセス管理 といった分野があります。いずれも、難しそうな名前ですが、内容は身近なものです。

  • 反応工学

    厨房には、いろいろな大きさと形の鍋や釜があります。シェフは調理するものと量によって鍋や釜を使い分けます。化学反応も同じです。同じ化学反応でも、反応装置の形や運転方法が違うと、反応の進み方が違って、生成物の量が違ってきます。反応に一番良い反応装置と運転条件を見つけ出すのが反応工学です。

    反応工学
  • 単位操作

    料理をするとき、煮たり、炒めたり、蒸したり、焼いたりする作業をします。パスタを煮るのと、ジャガイモを煮るのと、魚を煮るのとでは材料は違いますが、煮るという共通の作業です。この共通の作業を単位操作といいます。単位操作を組み合わせて料理ができるわけですから、単位操作を知っていれば組み合わせ方次第で応用が無限に広がってゆきます。

    単位操作
  • 移動現象論

    移動現象論では味のしみこみ方、熱の伝わり方、液体の混ざり方を調べます。どれくらいの時間加熱すればよいか、混ぜればよいかなど、反応工学や単位操作の基礎となる分野です。

    移動現象論
  • 品質管理・プロセス管理

    品質管理、プロセス管理は、同じものを手際よく作るための学問です。レシピそのものを作ったり、 総料理長として各料理人の指揮に当たります。

    移動現象論

化学システムの守備範囲 化学システムの守備範囲

電子軌道の大きさはオングストロームくらいで、原子や分子の配列を整えるのはナノメートルくらいです。これくらいは分子一つの大きさですが、合成する規模は基礎研究のビーカーや試験管の段階から、工場の大きさまであります。さらに、水環境や大気環境、地球環境も相手にします。
地球のことを考えながら原子や分子を見つめていたり、ミクロやナノの現象を考えながら工場や地球 を見つめていたりします。電子軌道から未来を創るために、我々の視野はオングストロームからメガメートルまで広がっています。

電子軌道から未来を創る

卒業生・在学生からのメッセージ 卒業生・在学生からのメッセージ

Message 01

在学生

幅広い分野を学び、
自ら考え問題を解決する力が付きます。

化学システム工学プログラムでは、化学を現実的な問題に沿って取り扱います。基礎となる有機化学や無機化学だけでなく、蒸留・抽出といった分離操作や流体力学、装置の設計・製図といった非常に幅広い範囲の内容を学ぶことができます。工学としての化学は、複雑ではあるものの、それだけ現実問題に結びつくものが多いため、研究やそのための勉強も意欲的に取り組むことができ、自分自身で考えて行動し問題を解決する力が新潟大学では身に付けられます。

M. S. さん(男性)
2018年 化学システム工学科化学工学コース4年在学

Message 02

学部卒業生

基礎から応用を学ぶことで、
解析・考察をスムーズに行えます。

私は現在、電子部品のメーカーで分析を行う部署に所属し、SEMやTEMなどの機器分析を用いた解析により、開発の課題解決や生産工程改善のサポートを行なっています。私は学生時代には分析機器を扱ったことがありませんでしたが、新潟大学で化学の基礎から応用まで学んでいたため、分析結果の解析や生産過程での化学変化の考察をスムーズに行なうことができ、今の仕事に活かされているなと感じます。皆さんも新潟大学で幅広い知識を身につけ、活躍されることを願っています。

H. U. さん(女性)
勤務先 太陽誘電株式会社
2015年3月 化学システム工学科応用化学コース 卒業

Message 03

学部卒業生

実験や研究に取り組む経験が仕事に役立つ。

私は現在、製品の基盤開発における信頼性評価業務に携わっています。大学で学んだ化学に関する知識が直接活かされるお仕事ではありませんが、学生時代に培った実験や研究への取り組み方など、大学で得た様々な経験が役立っています。新潟大学では自分の専攻分野以外にも幅広く学ぶ機会があり、多くの新しい世界に触れることができます。是非皆さんも勉強だけでなく、豊かな学校生活を楽しみながら将来に向けて頑張ってください。

C. S. さん(女性)
勤務先 株式会社コロナ
2017年3月 化学システム工学科化学工学コース 卒業

Message 04

大学院修了生

得意以外の分野も全力トライ!

私は半導体封止材の開発に携わっています。材料の開発では柔軟な発想が求められるため、多くの知識が必要ですが、大事なのは何事にも全力でトライしていくことだと思います。化学システム工学プログラムでは化学の専門的な知識だけでなく、幅広い知識を習得することができ、それが現在の仕事にも活きています。自分が得意なこと以外にも様々なことに全力で取り組んで、自分の夢を実現してください。

A. T.さん(男性)
勤務先 信越化学工業株式会社
2018年3月 大学院自然科学研究科(応用化学系)博士前期課程 修了
2016年3月 化学システム工学科応用化学コース 卒業

Message 05

大学院修了生

エンジニアとしての設計に
化学工学実験が役立つ。

私は化学メーカーでエンジニアとして働いています。化学に興味を持ったのは高校時代です。大学では化学工学を学びたいと思い、新潟大学を選びました。大学ではより専門的な内容を学ぶことができます。授業は座学だけではなく実験もあります。実験では蒸留や伝熱、流動などの単位操作を学ぶことができます。エンジニアとして、蒸留塔や熱交換器を設計する際に、化学工学実験で学んだ内容が非常に役に立っています。

H. A. さん(男性)
勤務先 三菱ガス化学株式会社
2017年3月 大学院自然科学研究科(化学工学系)博士前期課程 修了
2015年3月 化学システム工学科化学工学コース 卒業

Message 06

大学院修了生

新潟大学で基盤を作り上げ、
技術者として飛躍してください。

私は現在、光学部材用の樹脂製品の開発をしております。スマートフォンやTV向けに展開しており、薄型化や耐久性といった高い技術が求められています。そういった市場の変化を把握しつつ、顧客の要求に沿った物性を達成するために様々なアイデアから開発を行っています。また、時にはプラスαの実験(遊び実験)から新しい知見を習得し、特許を出願することもあります。大学での講義や実験で得た専門知識がそのまま全て社会に活かせるとは限りませんが、新潟大学では幅広い知識を身に付けることができます。是非新潟大学で基盤を作り上げ、自分の個性を活かし、技術者、研究者としての飛躍を遂げてください。必ずあなたの輝ける場所があります!!

F. S. さん(男性)
勤務先 トーヨーケム株式会社
2015年3月 大学院自然科学研究科(応用化学系)博士前期課程 修了
2013年3月 化学システム工学科応用化学コース 卒業

卒業生の進路 卒業生の進路

化学システム工学科の卒業生は、化学・製薬・素材・環境関連はもとより物質を扱う全ての製造分野で活躍しています。また、情報通信分野やサービス業へ就職する人や公務員になる人も多くいます。さらに、約6割の卒業生が高度な専門知識を必要とする職業に就職するために大学院に進学しています。

卒業生の進路

主な就職先(大学院修了を含む、五十音順)

旭カーボン(株)、エーザイ(株)、オリンパス(株)、花王(株)、(株)クラレ、(株)コロナ、十全化学(株)、信越化学工業(株)、住友化学(株)、第一三共ケミカルファーマ(株)、ダイニチ工業(株)、大陽日酸(株)、武田薬品工業(株)、帝人(株)、デンカ(株)、DOWAホールディングス(株)、東洋紡(株)、ナミックス(株)、新潟県庁、新潟市役所、日揮触媒化成(株)、日産化学工業(株)、日本曹達(株)、東日本旅客鉄道(株)、日立化成(株)、北越コーポレーション(株)、北越工業(株)、北陸ガス(株)、水澤化学工業(株)、三菱ガス化学(株)、三菱ケミカル(株)、YKK(株)

取得可能な免許・資格

教員免許
高等学校教諭1種免許状(工業)
資  格
技術師補(JABEE修了者) / 危険物取扱主任者(受験資格) / 安全管理者(1年の実務により試験免除) / 熱管理者(短期研究受講資格)
このページの先頭へ このページの先頭へ