logo


教 育 目 標
−  目次  −
化学システム工学科の学習・教育目標の特徴
化学システム工学科の卒業生像
学習目標と科目の対応





 化学システム工学科の学習・教育目標の特徴 

 ・地理的な条件
 新潟は昔から石油や天然ガスなどエネルギー資源に恵まれ,これに水や石灰石,粘土鉱物,農水産物などの資源が加わり,現在では無機化学工業,有機化学工業,エネルギー産業,食品工業などが盛んです。さらに,原子力発電所や半導体,環境保全,医薬医療など幅広い分野の事業所があります。化学に関連する広い分野で活躍できる化学研究者,化学技術者を養成することが,化学システム工学科の使命であると考えています。

 ・歴史的な背景
 新潟大学工学部は設立当初より工学基礎教育に重点を置いてきました。現在でも工学部カリキュラ ムの中で「専門基礎科目」として工学基礎教育が全ての学科に設置されています。化学システム工学 科では応用化学科と化学工学科が合併して設立されました。これを機会に、応用化学と化学工学の基 礎をより重視し、互いの弱点を補うとともに、化学関連分野への応用力を高めるためのカリキュラム を編成しました。

 ・応用力を高める教育プログラム
 「知」を探求する解析力
 「解」を提案する創造力
 「夢」を実現する総合力
 入学から2年生第1学期までの期間で、社会人としての一般教養に加えて、応用化学と化学工学に 共通の化学および化学技術基盤の習得に重点を置いたカリキュラム(KIJ phase1)を編成しています 。2年生第2学期より応用化学コースと化学コースに分かれて、それぞれ応用化学、化学工学に関す る専門的知識の習得ならびに問題解決能力の養成に重点を置いたカリキュラム(KIJ phase 2)を編 成しています。なお、コースに分かれた後でも学外研修や特別講義などコース共通の行事や科目もあ り、学科として統一したカリキュラム体系になっています。
 つまり、応用化学コース、化学工学コースともに本学科では化学技術者・研究者としての共通基盤 をまず養成します。その上で、応用化学あるいは化学工学に関する専門的職業人としての能力を養成 します。



 化学システム工学科の卒業生像 


 大学4年間あるいは大学院博士前期課程を含めた6年間の学習だけで,その後の約40年を専門的職業人として過ごすことは不可能です。化学システム工学科が掲げる「応用力」の中には,「自分自身の能力を自分で高める能力」,「異分野においても自己の能力を高めて対応できる能力」も含まれます。そのためには,化学と化学技術に関する基盤と継続的に学習する能力が必要です。
 化学システム工学科では、応用化学コース、化学工学コースともに化学技術者・研究者としての共通基盤をまず養成します。その上で、応用化学あるいは化学工学に関する専門的職業人としての能力を養成します。応用化学コース修了生は生産技術にも強いこと,化学工学コース修了生は化学にも強いことが特徴で,本学科の卒業生は他大学の卒業生に比べて間口の広い専門家です。本学科の卒業生の特徴を簡単に言いあらわせば、将来を含めた人類の福祉と地球生態系の保全に貢献できる「エンジニアリングセンスを持っている応用化学者」あるいは「ケミカルマインド持っている化学工学者」であり、それを起点として,将来自己の能力を伸ばし、展開することのできる人材です。
 学科として養成する人材像は化学関連分野で活躍できる人材が基本です。ただし,現在の工学は一つの分野で全てを担えることは不可能で,機械,電気電子,情報,化学,土木などの共同作業の上に成り立っています。化学を基本としながらも他の業種に自己の能力を展開できることも学科で養成したい人材像です。公務員を志望した学生も,工学における化学を題材として「学習の仕方や能力の伸ばし方」,「技術者・研究者として社会に貢献する意義」を学んだものとして,新たな分野で自己を伸ばせる人材となることを期待しています。
 平成25年度に国内外の工学系大学,総合大学工学部における応用化学,化学工学系学科で養成したい人材像を調査しました。教育プログラムにより表現は異なりますが,応用化学,化学工学系学科で養成したい人材像が以下のように分類できます。
 (1) 学んだ専門的基盤に基づいて専門的職業人として社会の発展に貢献できる人材
 (2) 学んだ専門的基盤を基礎として,新しい分野に対しても専門的職業人として社会の発展に貢献できる人材
 (3) 上記(2)に加えて,社会や組織を牽引するリーダーとして活躍できる人材
 当化学システム工学科卒業生は,大学で学んだ化学分野に限らず幅広い分野で,チームの一員としてあるいはチームや企業のリーダーとして活躍しています。従って,当学科の卒業生のレベルは(2)を十分満足しており,(3)についてはリーダーとしての素質を十分に持っていると判断できます。そのため,学部卒業生全員が満たすのレベルとしては(2)が妥当であると判断しました。学科で養成する人材像の中で「それを起点として,将来自己の能力を伸ばし,展開することのできる」という表現で,卒業生が「自らが学んで新しい分野で活躍できる素質」を持っていることを表しています。
 なお,学科で養成したい人材像とそのレベルについては,4年生アンケート(毎年実施),学科外部点検(毎年実施),企業アンケート(3年ごとに実施)によって,社会の要求や学生の要望と照らし合わせて妥当であることを確認しています。

化学システム工学科の特徴

 化学システム工学科の卒業生は,全員がJABEE認定プログラムの修了者となります(認定対象者は,認定期間中に卒業した学生で定められたJABEE修了条件を満たした学生です)。

 JABEE認定プログラム修了者は次の資格を得ます。
・技術士一次試験を免除されます。(技術士補として登録できます)
・ワシントンアコード加盟国(正式加盟;アメリカ,カナダ,イギリス,オーストラリア,アイルランド,ニュージーランド,香港,南アフリカ,シンガポール,大韓民国,台湾,マレーシア,トルコ,ロシア。 暫定加盟;ドイツ,インド,スリランカ,パキスタン,バングラデシュ)の工学系大学卒業生と同等の資格を得ます。つまり,留学しなくても,留学したと同等の資格を得ます。
 詳しくは,日本技術者教育認定機構(JABEE)のホームページを参照して下さい