社会基盤工学プログラム[新潟大学工学部 力学分野]

教育課程・講義内容
Syllabus

力学分野には社会基盤工学プログラムと機械システム工学プログラムの2つの教育プログラムがあり、1年次は、全ての学生が両プログラムに関連する基礎的な科目を学びます。2年次以降は、学生が2つのプログラムに分かれ、プログラム毎に専門性の高い科目を学びます。多くの科目はプログラム別に設定されており、少人数クラスによるきめ細やかな教育を受けることができます。また、地域や都市の環境に関わる科目の多くは、2年次以降も両プログラムで同じ授業を受けられるように設定されており、専門を深めると同時に広く学ぶことができるようになっています。

1年次

両プログラムに共通の基礎的な専門科目(材料力学・図形学・地盤工学基礎など)や数学などの専門基礎科目の他に、語学・社会科学等を含む教養系科目を主に学びます。また、社会基盤工学概論・日本建築史などの科目を通し、2つの分野についての理解を深めます。

2年次

プログラムに分かれる2年次からは、より専門性の高い科目が設定されています。土木工学の主要分野である応用力学・土木材料学・水理学・地盤工学・水質工学に関する必修科目が開講されており、これらの科目を通して専門分野の基礎知識を修得します。また、設計や製図、測量に関する技術の基礎を学びます。社会基盤基礎設計は、特徴的な科目のひとつであり、都市整備や構造物の計画・設計の基礎プロセスを学び、グループワークにより、それを疑似体験します。万代島の交通計画と信濃川にかける新しい橋の計画・模型作成を行い、その価値をプレゼンします。

3年次

上述の主要分野に対応した実験科目のほとんどが3年次に開講されています。これらの実験科目を通し、それまでに学んだ学問分野をより深く理解すると共に、計測技術を身につけ、結果を分析・考察する能力を養います。
また、実践的な計画・設計演習科目として、社会基盤プロジェクトマネージメントが設けられており、社会基盤施設の計画から設計、施工、維持管理までの一連の流れとその内容について、講義とグループによる演習形式で学びます。さらに、現場実習(インターンシップ)が計画されており、学問分野と実務との関連について理解を深め、より具体的な課題への取り組み方について学びます。
土木工学には、人々の安全・安心な暮らしを支え、さらには自然と調和した持続可能な社会環境を構築して行くという役割があります。その遂行には、単に構造物を造り維持して行くばかりでなく、自然を理解し正しく評価する能力が要求されます。そのため、雪氷学や地形学などの理学系科目も履修します。

4年次

卒業研修と卒業研究を通して、専門的な問題を理解・整理し、調査や分析などに基づき解決して行くための能力を身に付けます。また、自分の考えを人に正しく伝え、相手の意見を理解する能力や、プレゼンテーション技術などについても養います。さらに、技術英語Ⅰ・Ⅱの履修を通し、国際的なコミュニケーション能力を身に付けます。
工学が人々の生活に及ぼす影響は大きく、したがって工学的創造は、確固とした倫理観の下でなされねばなりません。そのため、技術者倫理について考え、その意義と重要性とを認識します。

学年ごとの科目の構成

キャンパスライフ

PAGE TOP