Niigata University Smart Information Systems Niigata University Smart Information Systems 新潟大学工学部工学科 知能情報システムプログラム 新潟大学工学部工学科 知能情報システムプログラム

メインビジュアル
ホーム >  プログラム紹介

プログラム紹介

 知能情報システムプログラムでは、知能情報システムと地球・人間・社会との関わり合いの中で生じている様々な課題を解決するために、知能情報システム分野の知識を幅広く身につけ、グローバルに様々な領域で活躍できる人材を養成します。
 本プログラムでは、充実した教育研究環境で、コンピュータのソフトウェアとハードウェアに関する基礎知識から、人工知能、IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、ロボットのような知能情報システムを支える最先端の情報処理技術、高度ネットワーク技術まで、幅広い知識・技術を学ぶことができます。

カリキュラム カリキュラム

1年次では、教養科目や、工学全般に関する基礎科目を学ぶことで、 広い視野と深い洞察力を養うとともに、技術者としての社会的・倫理的責任を理解します。
また、2年次以降に学ぶ専門分野に必要なコンピュータやプログラミングの 基礎知識・技術を学びます。

2年次以降は知能情報システム分野に関連する専門科目を履修します。
専門科目では、情報処理のための数学、コンピュータの仕組み、 ソフトウエアの動作原理、ネットワークの基礎などを学びます。
さらに、人工知能、マルチメディア、人間支援技術などの応用科目も履修できます。
また、実験、実習、卒業研究を通して、学んだ知識・技術を応用して研究開発する能力、 コミュニケーション能力を身につけます。

さらに、1年次から4年次まで少人数のゼミや研究室などの小さなコミュニティの一員となり、 学習面だけでなく生活面でも指導教員のきめ細かな指導を受けることができます。

学生からのメッセージ

自らの手で新しい技術を創っていく

情報工学科4年
奥山隆史 さん

高校時代にコンピュータやスマートフォンに触れる機会が増え、プログラミングや情報工学技術に興味を持ったので情報系の分野を選択しました。深層学習やコンピュータネットワーク、IoTなどの情報工学技術は私たちの生活に深く浸透し、より高度になってきています。講義ではそれらの技術の根幹にあるプログラミングや数学などの基礎知識に加え、人工知能や画像処理などの応用までを幅広く学ぶことができます。私は現在、卒業研究で画像切り抜きと呼ばれる画像処理の応用技術について研究・開発を行っています。まだ正解がわからない問題にチャレンジしているため試行錯誤の連続ですが、自分の手で新しい技術を生み出していくのはとても楽しいです。勉強以外でも同級生やサークル仲間と共に遊び、時には刺激し合いながら、充実したキャンパスライフを送っています。

幅広い分野で活躍できる人材を目指して

博士前期課程(修士課程)1年
廣沢拓也 さん

社会に貢献できる研究をテーマに、福祉施設で行われている体操を対象とした、コンピュータが自動で体操を評価するシステムを研究しています。課題を発見し、様々な視点から課題解決に取り組むことにやりがいを感じています。そして、課題を解決できたときは何物にも代えられない達成感が味わえます。研究につまずいた時も、研究室の仲間や友人、研究を通じて交流が生まれた人たちとディスカッションを重ねることで、解決の糸口が見つかります。キャンパスライフではかけがえのない仲間を見つけ、交流の輪を広げられるはずです。充実した学習環境のもと様々な知識や技術を身に付け、幅広い分野で活躍できる人材を目指しています。