• 注目情報
  • 社会基盤工学
    プログラム

    プログラムの特色

    暮らしを支える「まちづくり」
    安全で持続可能な社会を支える
    知識と技術を学ぶ

    本プログラムが対象となる社会基盤、都市環境は、自然との調和や環境全体への適合が重要視されます。工学的な知識だけでなく、倫理的思考、社会的関心など幅広い教養が要求されます。
    具体的には、道路や鉄道、橋やトンネル、堤防やダム、堰や放水路、港・空港、上下水道、公園など、私たちの安全かつ快適な「暮らし」を支える社会基盤施設およびそのネットワークの計画・調査・設計・建設・維持管理、および国や地域、都道府県や市町村における「まちづくり」や「地域づくり」に関する専門知識や技術を学びます。

    教育プログラム

    • 2年次
    • 社会基盤工学(土木工学)の主要分野である応用力学・コンクリート工学・水理学・地盤工学に関する必修科目が開講され、これらの科目を通して専門分野の基礎知識を修得します。また、設計や製図、測量に関する技術の基礎を学びます。社会基盤基礎設計は、特徴的な科目のひとつであり、都市整備や構造物の計画・設計の基礎プロセスを学び、グループワークにより、それを疑似体験します。

    • 3年次
    • 上述の主要分野に対応した実験科目が開講されています。実験科目を通し、それまでに学んだ学問分野をより深く理解すると共に、計測技術を身につけ、結果を分析・考察する能力を養います。
      また、実践的な計画・設計演習科目として、社会基盤プロジェクト・マネージメントが設けられており、社会基盤施設の計画から設計、施工、維持管理までの一連の流れとその内容について、講義とグループによる演習形式で学びます。さらに、現場実習(インターンシップ)が計画されており、学問分野と実務との関連について理解を深め、より具体的な課題への取り組み方について学びます。

    • 4年次
    • 4年次には研究室に配属されて研究活動を行います。卒業研究を通して、専門的な問題を理解・整理し、調査や分析などに基づき解決して行くための能力を身に付けます。また、自分の考えを人に正しく伝え、相手の意見を理解する能力や、プレゼンテーション技術などについても養います。
      研究室活動の他、技術英語Ⅰ・Ⅱ、技術者倫理の授業が開講されます。国際的なコミュニケーション能力を身に付けるとともに、技術者倫理について考え、社会で活躍する技術者を養成します。

    社会基盤工学プログラムは、「社会基盤工学プログラム日本技術者教育認定機構認定プログラム」として、日本技術者教育認定機構(JABEE)より認定を受けています。

    履修の流れ

    2年次になり、コース毎に専門科目を学ぶようになると、数学・物理学などの他に、応用力学・土木材料学・地盤工学・水理学・水質工学などの専門分野の基礎的科目を履修します。3年次にはこれら基礎科目にそれぞれ対応して用意されている学生実験をはじめ、社会基盤プロジェクト・マネージメント、河川工学などの、基礎科目をベースとしたより実践的な科目を多く学びます。4年次には卒業研究を通し各自の課題についてさらに深く研究します。

    授業紹介

    社会基盤基礎設計、社会基盤
    プロジェクト・マネージメント

    1. 社会基盤基礎設計
    2. これから専門科目を本格的に学ぼうとしている2年1学期に開講されている科目です。5人程度のグループで、新潟市中心部の交通計画と橋梁のデザインの2つのテーマに取り組みます。グループ毎に、都市交通のあり方を議論したり、世界の色々な橋を参考に橋梁の模型を制作したりします。

    3. 社会基盤プロジェクト・マネージメント
    4. 様々な専門科目を既に学んだ3年生2学期には、社会基盤プロジェクト・マネージメントという科目が開講されています。それまでに習得した専門知識を駆使して、高速道路の計画や橋梁の設計・施工・維持管理などの一連のテーマについて、実務者から指導いただきながら本格的に取り組みます。

    橋梁の模型作成作業中 道路の計画立案のための意見交換 橋梁デザインのデッサン 橋梁の模型作成のための意見交換

    プログラムの先端研究

    鉄道バラスト道床の沈下現象の高精度予測手法の開発

    紅露 一寛 教授

    皆さんの中には,通学や旅行などで鉄道を利用する機会もあろうかと思います。身近な「線路」ですが,2本のレールがまくらぎに締結され,そのまくらぎは角張った石の層の表面に埋め込まれた形で置かれています。この石の層は「バラスト道床」と呼ばれ,列車荷重の分散効果や列車走行時の衝撃の緩和,降雨時の雨水の排水性などに優れています。 また,材料が容易かつ安価に調達できることも,国内外の鉄道で幅広く敷設されている理由の一つです。
    そんな「バラスト道床」ですが,数トン〜数十トンの重量を持つ列車が繰り返し通過することで,残留変位(永久変位)が生じます。特に,鉛直方向の残留変位が発生・累積する現象は「道床沈下現象」と呼ばれ,軌道保守の重要監視項目の一つとなっています。私の研究室では,砕石(砕いた石)の集合体であるバラスト道床を弾塑性連続体でモデル化し,有限要素法によって道床沈下変位を定量予測する手法の 開発に取り組んでいます。弾塑性構成則には,多数回の載荷・除荷の繰り返し解析時の計算負荷の軽減が期待できる「cyclic densification モデル」を用い,バラスト軌道の実物大繰り返し試験結果との比較を通してその有用性を確認しました。
    また,当該の解析と軌道振動解析とを連成させることで,バラスト軌道への作用外力における動的作用が大きくなるレール継目部や軌道剛性急変部の道床沈下解析法を開発し,その実用性や有効性について検討を重ねています。

    取得できる免許と資格

    免許

    • 高等学校教諭1種免許状(工業)

    資格

    • 測量士補(資格)
    • 技術士補(JABEE認定) など

    就職状況

    ※ここでは、改組前の学科の就職状況を掲載しております。

    卒業後の進路

    多くの卒業生が「土木技術者」として、国や都道府県・市町村、鉄道会社、電力会社、建設会社、建設コンサルタントなどの職場で、自然災害から生命と財産を守る仕事やライフラインの整備・維持、交通・物流のための施設整備・政策立案、地域づくり・まちづくり、製造業や農林水産業などの生産基盤整備の仕事に従事しています。

    ページの先頭へ戻る 新潟大学ロゴ

    サイトマップ / 学内専用