研究

東日本電信電話㈱との共同研究 AI活用での「ル レクチェ」の外観品質検査

産官学連携

 NTT東日本(東日本電信電話㈱)新潟支店と新潟大学、スマートイノベーションーションラボを活用した共同研究を開始しました。

 県内における農家の減少と高齢化が進むなか、ICTを導入した高齢農家の農作業の軽減・効率化が必要となっており、新潟大学ではビッグデータアクティベーション研究センターにおいて農業の生産性向上を目指した研究に取組んでいます。

 中でも新潟県の特産品の一つである高級洋梨「ル レクチエ」の栽培・出荷においては、病原菌による「黒斑病」、外部の衝撃による「外傷痕」、農場の湿度による「斑点状汚損」、農薬の付着による「薬斑」などといった外観劣化が出荷や等級判定に大きく影響するため、目視による検査を行っていますが、作業負担と判定における個人差の発生が課題となっています。

 こうした背景のもと、NTT東日本と新潟大学とは、出荷規格基準に則ったAI外観品質評価システムの構築および社会実装に向けた共同研究を行い、「ル レクチエ」をはじめとする果樹野菜における栽培・出荷作業の生産性向上に寄与してまいります。

 スマートイノベーションラボを活用し果樹野菜の外観検査における画像処理に適したAIの学習モデルを確立し、現場へのAIシステム実装の推進により、地域の課題解決を目指します。

プレスリリース文書はこちらから

メンバー

  • 工学部 教授 山﨑達也
  • 東日本電信電話㈱新潟支店

アーカイブ