活動

「データサイエンティスト育成シンポジウム2021」をオンラインで開催しました。

イベント

新潟大学ビッグデータアクティベーション研究センターは、データサイエンティスト育成シンポジウム2021を、2021年1月25日(月)に開催しました。

このシンポジウムは、一昨年、昨年に続き3回目の開催になります。今回は、新型コロナウィルス感染症予防の観点から、オンラインでの開催になりました。

 

当日は、本学の教職員や学生を中心として、新潟県内の企業、行政機関、また他大学など、101人の方々が参加されました。 

 

招待講演として、筑波大学の佐久間淳教授から、「全国初の「データサイエンス」全学必修化」というテーマのご講演をいただきました。

また、本学からは、教育・学生支援機構の齋藤裕特任准教授より「大学のデータサイエンス教育の現状(全国と本学)」という講演をしてもらいました。

現在、産業界においては、デジタル人材不足が大きな課題となっており、その人材を育成する役割として大学への期待が高まっています。新潟大学としては、文理を問わず、基礎的なリテラシーとして「データサイエンス教育」を全学必修化すべく、より一層力を入れていきます。

 

さらに、今回は、学生さんから、自分自身の研究についてプレゼンしてもらい、上位3人を優秀賞、それ以外の7名を奨励賞として表彰しました。全学から18件の応募がありましたが、事前書類審査で10人に絞り、当日は予選ラウンドで10人に1分間のプレゼンをしてもらい、オンライン参加の方々から投票していただき、決勝進出者3人を選びました。そして、決勝ラウンドでは、各5分間の研究発表をしてもらい、再度参加者からの投票で、最優秀賞1名、優秀賞2名を決定しました。

最優秀賞は大学院自然科学研究科博士前期課程2年の青木俊介さんに、優秀賞は理学部物理学プログラム高エネルギー物理学研究室4年の吉岡駿一さんと⼤学院⾃然科学研究科博⼠前期課程1年の⼩松耀⼈さんです。いずれも深層学習を使った、農業、河川維持、宇宙に関する研究であり、参加者にとっても参考になる発表だったと思います。

青木俊介さんの発表資料はコチラから

吉岡駿一さんの発表資料はコチラから

⼩松耀⼈さんの発表資料はコチラから

また決勝へ進出できなかった人や、事前審査を通過できなかった人の研究も、非常に興味深いものが多く存在しました。

 

学生研究発表の各賞の受賞者

最優秀賞 大学院自然科学研究科博士前期課程2年
青木 俊介 さん
深層学習を用いた洋ナシ花検出システムの研究
優秀賞 理学部物理学プログラム4年
吉岡 駿一 さん
機械学習を利用したウェブカメラによる水位測定システムの開発
優秀賞 ⼤学院⾃然科学研究科博⼠前期課程1年
⼩松 耀⼈ さん
Mask R-CNNを用いた太陽磁気画像からの活動領域検出
奨励賞 大学院医歯学総合研究科修士2年
我妻 奎太 さん
ミャンマーにおける新型コロナウイルス感染症の疫学的特徴
奨励賞 工学部工学科人間支援感性科学プログラム4年
橋本 帆波 さん
視覚探索時における探索時間に影響を与える要因の分析
奨励賞 理学部物理学プログラム3年
吉田 周平 さん
ベイジアンニューラルネットワークによる海洋食物網モデルの構築
奨励賞 大学院医歯学総合研究科修士1年
小山 徹也 さん
心血管疾患の既往と運動習慣が介護発生に及ぼす影響の検討
奨励賞 大学院自然科学研究科博士前期課程1年
大沼 伊織 さん
深層学習を用いた太陽活動領域の成長予測モデル構築
奨励賞 工学部4年 劉 東斉 さん 強化学習を用いた流路制御システムの構築
奨励賞 大学院医歯学総合研究科修士2年 池田 和泉 さん 小児におけるスマートフォンを含むスクリーンタイムと生活習慣        及び過体重との関連の検討
データサイエンティスト育成シンポジウム2021 集合写真
最優秀賞 青木俊介さん
優秀賞 吉岡駿一さん
優秀賞 小松耀人さん
奨励賞 橋本帆波さん
奨励賞 吉田周平さん
奨励賞 小山徹也さん
奨励賞 大沼伊織さん
奨励賞 劉東斉さん
奨励賞 池田和泉さん

投稿を表示

メンバー

  • ビッグデータアクティベーション研究センター センター長 山﨑 達也

アーカイブ