• 注目情報
  • 協創経営
    プログラム

    プログラムの特色

    Collaboration and
    Co-creation
    協働と協創を通じた
    社会イノベーションの実現

    エネルギー・環境・気候変動・食糧・貧困・ダイバーシティ推進等、国境の壁を越えて国際社会が共通に取り組むべき数多くの課題は、社会科学と工学の貢献なくして解決することはできません。社会は国際化・多様化が進み、必要とされる技術も高度化・複雑化が進んでいます。これらの技術を使いこなすには、工学的知識のみならず社会科学的知識を、車の両輪のようにバランス良く習得することが重要になります。本プログラムでは、この目的を達成するため、社会科学的視点を涵養できるカリキュラムを充実させています。
    さらには、既存工学分野の融合により新しい価値を創出することも、これらの課題解決に必須であると考え、幹となる特定工学分野の学修に加え、周辺分野を積極的に学修可能な体制を構築しています。川上側の分野においては、例えば、半導体工学・高分子化学・金属工学等の融合による材料科学分野での新規テーマ創出を想定しています。また、川下側の分野においては、通信工学・機械工学・情報工学・データ科学等の融合によるシステム工学分野での新規テーマ創出を想定しています。

    教育プログラム

    本プログラムでは以下のような履修方針の教育を実施しています。

    • 工学部の学生に対して社会科学的視点を涵養する授業科目を独自に開講するとともに、産業界に貢献できる人材育成を目的に、産業界との連携を前提とした実習科目も充実しています。
    • パッケージ科目の履修により、ある主専攻プログラムで必要となる知識を体系的・網羅的に学修するとともに、それ以外の主専攻プログラムの科目も履修することにより、工学分野の知識を幅広く習得することができます。
    • 研究成果を発信するための論文執筆・口頭発表等における科学技術表現や、研究成果を実用化するために必要な知的財産や起業に関する授業も充実しています。
    • これらの科目を履修することにより、真理の探究のみならず新しい学術領域を構築可能な研究者、先端技術開発により人類の多様な課題に貢献できる技術者を育成します。

    カリキュラム

    履修の流れ

    • 1年次
    • 工学を学ぶ心構えを養う導入科目と、数学、物理などの基礎科目を学びます。
      地域企業との協力・連携による4週間のインターンシップの実施やアントレプレナーシップの履修により、協創経営の理念を身につけます。

    • 2年次
    • 企業等の組織マネジメントを理解するための基礎を学び、3年次以降の本格的協創経営カリキュラムの履修を円滑にします。
      4週間のインターンシップでは、複数の企業等における実務を何度も経験することで、様々な表象の裏に潜む課題発見意識を涵養します。
      2年次以降に履修する工学系科目パッケージ(分野)を選択します。各学生の希望や経験、学習履歴等を基に、学ぶべき科目を教員が丁寧に履修指導します。

    • 3年次
    • マネジメント系科目については一般的な座学に加え、ディベートやロジカルスピーキングなどの実践型科目を履修し、知識を自らの力として確立することを図ります。
      インターンシップでは4年次学生との学年縦断型チームを構成し、6週間に渡って企業担当者と協働で具体的な課題発見と課題の顕在化を試みます。他学年次学生や企業担当者らとのチームで実務を経験することで、チームワーク力、コミュニケーション力、リーダーシップ、フォロワーシップ等の涵養も同時に期待できます。

    • 4年次
    • 工学系、マネジメント系ともに発展レベルの科目を順次履修し、社会におけるビジネスリーダー候補としての基盤を確立します。
      工学部の他プログラムと異なり、本プログラムでは卒業研究を課しません。代わりにコースワークとして12週間のインターンシップを実施し、前半は学年縦断型チームを組織しながらチームマネジメントやリーダーシップを習得しつつ、企業担当者と課題発見、顕在化、課題解決の計画立案、そして最終的な課題解決にいたるまでのビジネスプロセスを「実務として」体験します。

    授業紹介

    協創経営プログラムの授業では、ディベートやマーケティングなど文理融合した科目が用意されています。加えて、充実した英語教育を通じて、地域産業の発展に貢献でき、しかも世界に通用する人材が育ちます。

    • 「キャリアデザイン・インターンシップ」&「課題解決インターンシップ」
    • 1年次から4年次(大学院進学者は修士課程2年次)まで取り組む本科目では、地域企業と連携し、実務の現場に長期間入ることで、段階的にコミュニケーション力、課題設定力、マネジメント力等を鍛えます。高学年次には、これまでの大学での学習を活かし、各企業が抱える課題の解決策の提言を目指します。

    • 「チームワーク力と課題解決能力を有するビジネスリーダーの育成」
    • 地域企業との連携による産学協働教育、議論を中心とした双方向教育によって、社会の諸課題を解決しうるさまざまな技術を統合し、解決策を導く構想(プロデュース)力やリーダーシップ等を涵養します。

    • 「経営管理と社会的責任」
    • 企業の活動は、上手にデザインすればよりよい社会を創ることに大きく貢献します。本科目では、周囲から信頼される会社づくりに必要な安全や企業倫理・技術者倫理を実際の事例を通して学びます。さらに、困難な課題を技術と知恵で解決している企業やNPO(非営利組織)の工夫を学ぶことで、技術者として社会と地域をよい方向へ導くために必要な知識と行動を身につけ、自ら提案し実践できるよう理解を深めることを目指します。

    チームプレゼンテーション グループワークディスカッション

    プログラムの先端研究

    太陽電池の信頼性向上に関する研究

    仙波 妙子 特任助教

    太陽光発電は代表的な再生可能エネルギーであり、地球温暖化抑止の切り札として、普及拡大が世界的に進展しています。しかし、全世界の発電量に占める太陽光発電の割合は3%に満たず(2018年末のデータ)、太陽光発電が基幹的なエネルギー源となるには、光電変換効率の向上、製造コストの削減に加え、信頼性向上に基づく長寿命化に関する研究開発が欠かせません。
    本研究では、太陽光発電の根幹をなす半導体デバイスである太陽電池の劣化メカニズムを明らかにすることにより、材料科学的視点から信頼性を向上させる指針を提示することを目標にしています。現在、世界で最も普及している太陽電池は結晶シリコンを原材料にしていますが、多くの場合、発電層である半導体そのものはほとんど劣化しないことが明らかになっています。一方、太陽電池の劣化はキャリアを収集するための電極の腐食が原因であることが突き止められました。太陽電池を屋外に長期曝露すると、紫外光や水分浸入が原因で、太陽電池モジュールの封止材として使用されている高分子材料から酸が生成し、発生した酸が電極と半導体界面に存在するガラス層を侵食することで腐食が生じます。加速試験で劣化させた太陽電池モジュールに対して微視的・化学的分析を実施することで腐食現象やメカニズムを明らかにしてきました。本研究は太陽光発電の分野で世界的にも高い評価を得ています。本研究には、電子工学、材料科学、高分子化学等の広範な知識が必要となり、本プログラムで提唱する既存工学分野の融合に基づく新しい学問領域の開拓にまさに合致するものです。

    太陽電池の外観
    (a) 腐食前の電極
    (b) 腐食後の電極
    (c) 腐食前後での電極の組成の変化

    出典: T. Semba, Jpn. J. Appl. Phys., Vol. 59, No. 5, pp. 054001-1-9 (2020). © 2020 The Japan Society of Applied Physics

    ページの先頭へ戻る 新潟大学ロゴ

    サイトマップ / 学内専用