logo


− 学科の特徴 −

知と解

   現実の現象や実験結果から原理,法則を導き出す解析力
   知識を統合して問題を解決するための選択肢を考案する創造力
   様々な選択肢から最も有効な解を選択して実現する総合力
化学システム工学科は,これらの力を備えた応用力の高い 人材を養成します。




◎強固な基礎力に裏付けられた高い応用力を養成します。

 化学システム工学科には「応用化学コース」と「化学工学コース」の2つのコースがあります。2 年生第1学期までは応用化学と化学工学の基盤を学生全員が学習します。2年生第2学期から,それ ぞれのコースに分かれて専門的な問題の解決能力を養成します。その結果,物質の本質を見極める洞 察力,化学を応用する創造力,夢を実現する問題解決力をバランス良く身につけることができます。 このため,自分の専門能力を自分で展開できる力が身に付きます。
  授業について



◎「化学システム工学」という名称は新潟大学が最初です。

 我々は,化学についての基盤をしっかり持って,その上に高度な専門的能力を持つ人材を養成する ことをめざしています。このような人材を養成するために学科名を「化学システム工学科」としまし た。当学科の卒業生は「エンジニアリングセンスを持った応用化学者」であり「ケミカルマインドを 持った化学工学者」です。
 このような先見性は,東京大学など「化学システム」という名称を使った学系や学科が現れてきた ことからも明らかです。



◎応用化学コースも化学工学コースもJABEE認定プログラムです。

 2005年に応用化学コース,化学工学コースともにJABEEの認定を受けました。入学生,編入学生は はどちらのコースを学んでも世界的に通用する技術者教育を受けたことになり,米国,カナダ,英国 ,オーストラリアなどの工学系大学の卒業生と全く同じ資格が認められます。(留学しなくても留学 したと同じ資格が認められます)
  JABEE対応について



◎実務や社会との連携を教育に取り入れています。

 「エネルギー施設見学(2年次)」「工場見学(3年次)」などの行事の他,第一線の研究者や研 究者により「技術者講演会」「知的財産権」「企業経営」「技術者倫理」などの講演会,特別講義を 開催しています。特に,知的財産権や企業経営では「特許明細書」やベンチャー企業を想定した「事 業提案書」を作成します。



◎優秀賞や学生海外派遣など優秀な学生を支援しています。

 学科で「学生海外派遣制度」を定め,4年生のうち自然科学研究科進学予定者の中から短期の海外 派遣学生を選考し,海外渡航費用を補助しています。また,学部では「卒業研究(設計)優秀賞」, 大学では「入学試験成績優秀者」,「年間学業成績優秀者」を表彰しています。







◎教員は常に教育改善に取り組んでいます。

 学生の質問に対するケア,授業アンケートに基づいた授業の改善などに学科全体で取り組んでいま す。JABEEの審査では,教育改善に関する評価は全項目が”A”でした。