logo


学科について



 化学システム工学科は,応用化学科と化学工学科を母体として設立されました。単に応用化学と化 学工学を足し合わせた学科ではありません。人々の幸福に貢献するために化学の知識と深めるととも にその知識を統合して問題を解決できる総合的能力を備えた人材を養成することを目標としています 。そのために,応用化学と化学工学の基礎を基盤として,応用化学あるいは化学工学に関する高度の 専門性を養う,いいかえると,化学に関する分野に対して広い視野と高度の専門性を持つ化学研究者 ・化学技術者を養成するための教育・研究を行う学科として「化学システム工学科」という名称を名 付けました。
 「化学システム工学科」という学科は新潟大学が最初に日本で最初に設立されました。その後,東 京大学など多くの大学で「化学システム」という名称が使われるようになりました。新潟大学工学部 化学システム工学科は,化学が関連する分野において人類に貢献するために「知」を探求するととも に「解」を創造するために総合的な教育・研究を行っています。
 



化学システム工学科の理念




 化学は、エネルギー資源やあらゆる分野で必要とされる材料を創製・供給すること、および、環境 汚染を防止し、環境を修復することにより人類の安全、健康、福祉に貢献する使命を担っています。

 人類が21世紀を越えてさらに発展してゆくためには、材料の機能を極限にまで高めるとともに、 材料の合成、製造、使用、廃棄のすべてに関して枯渇性資源の消費量を最小化する高度循環型社会を 構築し、人間活動に伴う環境インパクトを最小限に抑える必要があります。またこれと同時に、人類 の健康や福祉など生活の質的向上も達成しなくてはなりません。

 新潟大学工学部化学システム工学科は、このような課題を21世紀中に解決すべき最重要項目とし て認識しています。化学システム工学科は、新潟大学工学部の理念を踏まえ、上述の課題を解決する ための研究を推し進めるとともに、これらの課題を解決するために必要となる総合的判断力と専門的 問題解決能力を備えた化学技術者・研究者を育成することにより、人類の幸福に貢献します。




化学システム工学科の近況


化学システム工学科長 山際和明

 化学システム工学科では,4月より新たに留学生1名を含む1年生81名と3年次編入生3名を迎え,新年度を開始しました。教職員一同,新入生の皆さんを心から歓迎致します。
 本学では工学部棟の耐震改修工事を進めていますが,昨年は化学棟(B棟)の工事が終わりました。改修後の校舎では学生が自主学習をしたりミーティングをしたりするためのリフレッシュ・ルームが各階に設置されており,学生達が楽しそうに集っている姿をよく見かけます。また,実験室や研究室の整備が進み,学生が実験や研究に取り組む際の安全性や利便性が向上しました。学生達が学修に取り組む環境が大きく改善されたと感じています。
 当学科では,2年生第2学期より「応用化学コース」と「化学工学コース」に別れてそれぞれの専門的能力を高める教育をしています。また,2005年度から両コースともJABEE(日本技術者教育認定機構の認証を受けていますが,これは両コースとも国際的レベルの技術者教育を行っていることを示すものです。本学科では原則として卒業生は全員がJABEE修了生となります。JABEE修了生は技術士資格を取得する上で優遇されますし,アメリカやイギリスなど22カ国の工学系大学卒業生と同じ資格を得ます。JABEEの認定を受けるためには継続的に審査を受ける必要がありますが,今年度に継続認定審査を受ける予定です。当学科では2005年度の認定開始からこれまでに約900人の修了生を送り出してきました。これからも,世界的に通用する修了生を送り出してゆくつもりです。
 卒業生の進路は,化学,素材,材料,医薬,環境,エネルギー等の製造業や調査・評価機関,公務員など幅広い分野にわたっています。また,昨年の大学院博士前期課程への進学率は76%でした。博士前期課程の修了生の進路も学部卒業生と同様に幅広い分野にわたっていますが,知名度の高い大企業に就職する割合が高くなっています。

 今後も,教育方法を改善しながら,自らの能力を伸ばして行ける人材を養成するつもりです。工学部後援会の皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。