• 注目情報
  • お知らせ

    卒業研究(設計)優秀者等の表彰を実施しました

     3月20日に工学部において,卒業研究(設計)優秀者等の表彰を実施しました。
     この表彰は,卒業研究又は卒業設計で優秀と認められた学生,スマート・ドミトリーでの研究活動及び学業において優秀な成績を修めた学生(トップ・グラジュエイツ認定者),工学部が掲げるグローバル人材としての素地を身につけていると認められた学生及び各学科において顕著な業績・成績を挙げた学生を表彰するもので,学部長又は学科長より表彰状が授与されました。
    今回,表彰対象となった学生は以下のとおりです。

    学部長と表彰された学生達

    1 卒業研究(設計)優秀賞受賞者

    学科名 氏 名 卒業研究(設計)発表題目
    機械システム工学科 桐生 祐弥 チタン合金の高速プロセッシングに対応したプラズマ微細加工技術の開発
    髙橋 春暁 圧電体薄膜を用いたマイクロカンチレバー型振動覚センサの作製と評価
    岩﨑 光希 火炎のフリッカリング現象に及ぼす音響加振の影響
    鈴木 雄大 粒子の流れを利用した集光集熱法に関する実験的研究
    五十嵐 彬 脛骨近位部における力学応答の有限要素解析
    電気電子工学科 熊澤 隼斗 Wireless Poweredリレー伝送システムの基礎研究
    大濱 祐樹 SC光を用いたSpectral-Domain OCTによる高精度位置計測に関する研究
    小形 武史 アルゴンプラズマとヘリウムプラズマの温度特性の比較に関する研究
    樋口 侑作 メッシュ構造マスクを用いたキャリア発生層の作製と有機薄膜トランジスタのオンオフ比改善の試み
    情報工学科 佐藤 勇二 アナログディジタルハイブリット制御法におけるアンテナ配置の影響
    小林 康祐 深層学習を用いた洋ナシ果実の外観劣化要因分類モデルの構築
    福祉人間工学科 津野 将行 文字探索に関する注視点シミュレーションの試み
    眞野 明日香 受動歩行に着想を得た装着型歩行支援機器の設計と運動シミュレーション
    化学システム工学科 永井 伶奈 リチウムイオン電池正極材料LiCoBO3の電気化学特性改善
    永井 芳樹 側鎖のm-フェニレンビスニトロニルニトロキシドとp-エチニルフェニルニトロニルニトロキシドが交互に積層されるよう設計したポリ(1,3-フェニレンエチニレン)型フォルダマーの合成およびらせん折り畳み形成
    遠藤 成拳 Ca-Loopingプロセス吸収器条件でのCaOによるCO酸化への石灰石種類の影響
    瀬野尾 真世 疑似バイオディーゼル燃料の低温分離性に与える添加物の構造的影響
    建設学科 鈴木 一帆 共沈法による高C/S比C-S-Hの合成に関する検討
    遠藤 尚希 X線CT画像解析に基づく「土相認識」の試み
    丸山 大介 スマートフォンを用いた空間の明るさ感簡易測定アプリケーションの開発検証
    山岸 由侑 明治・大正期の旧新潟町における花街の変遷-料理屋・待合及び貸座敷の集約に着目して-
    伊藤 翼 せせらぎの学び舎―川端にある学童幼稚園―
    機能材料工学科 齋藤 樹 超高感度NMR装置を用いた195Pt-NMR微小信号の検出
    山田 美悠 ペロブスカイト系複合酸化物の形態制御

    2 工学部トップ・グラジュエイツ認定者

    学科名 氏 名 テーマ
    電気電子工学科 阿部 悠亮 マイスナー効果を利用した磁場増幅
    福祉人間工学科 片見 依利 BMI(脳波)の研究

    3 工学部グローバル人材特別賞(金賞)受賞者

    学科名 氏 名
    機械システム工学科 宗像 竜司
    機械システム工学科 石澤 基明
    機械システム工学科 小澤 晴行
    情報工学科 植田 翔太
    情報工学科 久代 健太
    福祉人間工学科 安斎 健太
    福祉人間工学科 眞野 明日香
    福祉人間工学科 齋藤 嵩幸
    化学システム工学科 花田 隆

    4 学科別表彰者

    学科名 氏 名 受賞名
    機械システム工学科 宗像 竜司 日本機械学会 畠山賞
    原田 勇希 日本設計工学会 武藤賞
    坂田 智治 学業成績優秀賞
    宗像 竜司 学業成績努力賞
    電気電子工学科 角田 俊太 電気学会東京支部電気学術奨励賞
    情報工学科 大竹 将司 情報工学科学業成績優秀賞
    福祉人間工学科 片見 依利 福祉人間工学科成績優秀賞
    秋川 諒太 福祉人間工学科成績優秀賞
    化学システム工学科 樋口 祐哉 成績優秀賞
    江連 涼友 成績優秀賞
    建設学科 建築学コース 富田 真生 成績優秀賞
    機能材料工学科 鈴木 康平 成績優秀賞
    三宅 滉史 成績優秀賞

    工学部で贈呈式が行われました!

    11月27日(月),工学部大会議室において,「第四銀行『みらい応援』私募債」による,株式会社内山熔接工業,エコー金属株式会社(ご欠席),株式会社エビス,株式会社遠藤製作所(ご欠席),株式会社大泉物産,株式会社新越ワークス,ツインバード工業株式会社,有限会社長谷川挽物製作所(ご欠席),株式会社ミツワ及び株式会社山宮工業(ご欠席)から本学部に対する寄附金贈呈式が行われました。
    贈呈式では,贈呈企業を代表して山後春信株式会社新越ワークス代表取締役からのご挨拶,神子島正樹株式会社第四銀行燕支店長による目録の読上げた後,丸山清株式会社エビス代表取締役から小椋工学部長に目録が贈呈されました。
    引き続き,出席者による記念撮影を行った後,小椋工学部長からの謝辞により懇談を行いました。
    この「第四銀行『みらい応援』私募債」は,本年から対象を大学にも広げたもので,第四銀行コンサルティング推進部では,「みらい応募私募債は,これまで発行手数料の一部を小・中・高校を中心に物品にて贈呈していたが,本年より寄附の方法を金銭寄附も可能としたことにより大学にも幅広く活用できる制度となった。このみらい応援私募債を通じて,今後の地域活性化のために地元大学と地域企業をつなぎ産官金学の連携をサポートし,地域創生への貢献を目指していきたい」としています。
    本学部では,この寄附を「インターンシップの活性化」のため活用していきます。

    贈呈企業代表挨拶
    贈呈企業代表挨拶

    目録贈呈
    目録贈呈

    記念撮影
    記念撮影

    懇談会
    懇談会

    「小中学生・高校生のための科学技術へのいざない」を11月3、4日に郡山と福島で開催しました

     工学部が主催する表記の科学展示イベントが、平成29年11月3日(金)と4日(土)に郡山市と福島市でそれぞれ開催されました。12年目となる今回は、今泉洋自然科学系(工学)フェロー、大河正志教授、山内健教授、岡徹雄教授、保坂吉則助教、村上貴洋助教、上松和義特任助教、齋藤浩技術職員、坂井淳一技術職員、川上貴浩技術職員、白井健司技術職員、大橋響学務係員に、土田秀樹自然科学系総務課長の参加を得た教職員13名と学生14名の総勢27名が参加しました。11回目の共催となった11月3日の郡山市ふれあい科学館スペースパークでは、新潟大の7コースに科学館からの1コースが加わり展示実演を行いました。11月4日には、福島市子供の夢を育む施設こむこむから8回目の協力を得て福島大学共生システム理工学類との共催となり、福島大学からは8チームが参加しました。両日ともに東北放射線科学センターの霧箱実験が行われ、放射線が飛び出す様子を、子供から大人まで熱心に観察していました。学生たちは、自らの研究テーマを来場者に理解してもらおうと懸命に説明していました。また、福島大の学生との相互交流にもなりました。イベントの様子は福島民友(11月5日)、福島民報(11月8日)に掲載されました。開催した2日間に郡山会場では103名の見学者が来訪し、福島会場へは1010名の来場者がありました。

    手作り!キラキラ・スーパーボール(11月3日 郡山会場)
    手作り!キラキラ・スーパーボール(11月3日 郡山会場)

    すごいぜ水素 (11月4日 福島会場)
    すごいぜ水素 (11月4日 福島会場)

    磐梯山SAにて(11月3日)
    磐梯山SAにて(11月3日)

    小・中学生向けに「見て,さわって工学技術」を開催しました

     新潟大学工学部では,小・中学生を対象に,ものづくりや実験を通して理科や工学技術に親しんでいただく機会を提供するため,今年で19回目となる「見て,さわって工学技術」を平成29年10月21日(土)に開催しました。
    当日は小・中学校の児童・生徒72名,そのご家族85名,計157名が参加し,グループに分かれて体験学習を4コース受講しました。そのほか,休憩時間にはホバークラフトや燃料電池キャリアカーの試乗会も行われました。
     参加者からは「新しいことが学べた」「学校ではできない実験がたくさんできて楽しかった」等の声が寄せられ,大きな成果が得られた1日となりました。新潟大学工学部では,これからも多くの方に,工学に興味を持ってもらうために様々な取り組みを続けていきたいと考えています。

    コース1 「手作りカメラで,世界をのぞいてみよう」
    コース1 「手作りカメラで,世界をのぞいてみよう」

    コース2「オレンジパワーを化学しよう!」
    コース2「オレンジパワーを化学しよう!」

    コース3「部屋の中の空気の流れを見てみよう!」
    コース3「部屋の中の空気の流れを見てみよう!」

    コース4「眼と脳の仕組みにゾエトロープを作って迫ろう」
    コース4「眼と脳の仕組みにゾエトロープを作って迫ろう」

    ホバークラフト
    ホバークラフト

    燃料電池キャリアカー
    燃料電池キャリアカー

    「夏休み工作教室」を開催しました

    工学部では恒例の技術部主催による「夏休み工作教室」を8月22日(火)に開催しました。
    9年目を迎えた今年は、募集の学年を下げたこともあり、新潟市内の小学校を中心に募集数を上回る75名の応募があり、急遽、工作スタッフを増員して対応しました。
    今年の工作テーマは、ステンドグラス風シートを利用し低学年にも対応した「そうまとう」、PICマイコンを使った電子回路とレゴブロックを組み合わせた「ライントレースカー」、はんだ付けをしないで電子回路が作れるブレッドボードを使った「人感センサーオルゴール」の3つで、テーマを担当した技術職員が何か月も前から準備を進めてきたものです。
    工作終了後に記入いただいたアンケートによりますと、3割以上の子供たちがリピーターということで、毎年この工作教室を楽しみにしていただいているようです。2時間ほどではありましたが、工作の楽しさを十分堪能してもらうことができたと思います。

    そうまとう
    そうまとう

    ライントレースカー
    ライントレースカー

    人感センサーオルゴール
    人感センサーオルゴール

    集合写真
    集合写真

    イベント「見て,さわって工学技術」開催のお知らせ

    新潟大学工学部では,10月21日(土),小中学生のみなさんに向けて,下記のとおり体験学習イベントを開催いたします。(事前申込が必要です。)

    日時:平成29年10月21日(土)12:30~16:00
    会場:新潟大学工学部校舎
    対象:小学校5,6年生及び中学生

    ※ご好評につき定員に達しましたので、申し込みは締め切らせていただきました。ありがとうございました。

    ↓見て、さわって工学技術(PDF)
    見て、さわって工学技術

    上記チラシをご覧いただき,往復はがきにてお申し込みください。

    ◆駐車場のご案内(PDF)
    ※駐車場の収容台数には限りがありますので、公共交通機関の利用にご協力をお願いいたします。

    2017年8月8日(火)に予定しておりました『夢・化学21 化学への招待 新潟大学五十嵐キャンパス1日体験化学教室』は台風のため中止いたします

    2017年8月8日(火),強い雨風を伴っております台風5号が新潟県を通過することが予想され,参加者の皆さまの安全に万全を期すため,今年度の新潟大学五十嵐キャンパス「夢・化学21 化学への招待 一日体験化学教室」を中止といたします。
    今年度開催できないのは大変残念ではございますが,また来年度のお申込みをお待ち申し上げます。

    「実践的グローバル教育プログラムに関するフォーラム」を開催します

    新潟大学工学部では,本学とメコン地域4大学の学生で,学年縦断・分野横断・多国籍学生チームを結成し,短・中・長期の3コースで,主にグループワークに取り組む「メコン諸国と連携した地域協働・ドミトリー型融合教育による理工系人材育成」(文部科学省「大学の世界展開力強化事業」)を,実施しております。
    今回,短期留学プログラム(8/20-8/28)として,燕市の支援を得ている「一般社団法人つばめいと」と連携し,燕エリアの8つの地域企業と協働したグループワークインターンシップを実施いたします。
    これに関連して,来る8月28日(月)に,「実践的グローバル教育プログラムに関するフォーラム(燕エリア企業と協働した短期留学プログラムのグループ活動報告会)」を,開催することといたしました。
    詳細については,下記のページをご覧ください。

    http://www.eng.niigata-u.ac.jp/~g-dorm/contents/report/?post=000009

    皆様のご参加を,お待ちしております。

    新潟大学工学部では8月9日(水),10日(木)の2日間,「平成29年度オープンキャンパス」開催します

    オープンキャンパス

       新潟大学オープンキャンパスページ

    工学部のイベントは,事前申込の有無に関わらず参加することができます。
    いつでもご来場ください。

    ※「進路指導教諭懇談会」は事前申込が必要です。新潟大学オープンキャンパスページよりお申し込みください。

    ※「全体説明会」,「模擬授業」及び「イベント」に関しては,会場の収容人数の関係上,入場をお断りする場合があります。その際は,各プログラムのブースを見学ください。


    ●工学部イベント内容

    工学部オープンキャンパス・パンフレット(全ページ)


    <全体説明会>
    両日とも午前・午後の2回開催します。
    工学部の概要説明等をお知らせします。
    (午前の部)10:00 ~ 10:20
    (午後の部)13:30 ~ 13:50


    <模擬授業>
    工学部の先生たちが,最先端技術の紹介や,各プログラムの特色ある授業を公開します。工学部で学ぶ内容の一端を感じてください。

     日時 プログラム等の担当者 テーマ
    9日(水) 10:30~10:50 協創経営プログラム
    西口 隆 先生
    今なぜ文理融合が求められるのか?
    11:00~11:20 電子情報通信プログラム
    佐々木 重信 先生
    「モノ」と「コト」をつなぐ~情報通信の未来を考えよう
    11:30~11:50 材料科学プログラム
    三俣 哲 先生
    柔らかさを自在に変えられる高分子材料
    14:00~14:20 建築学プログラム
    加藤 大介 先生
    建物の仕組みを科学する
    14:30~14:50 機械システム工学プログラム
    松原 幸治 先生
    マイクロジェットエンジン研究開発の取り組み
    10日(木) 10:30~10:50 工学力教育センター
    鈴木 孝昌 先生
    1年生から参加できる研究・開発プロジェクト
    11:00~11:20 人間支援感性科学プログラム
    橋本 学 先生
    芸術・スポーツで地域を元気にする!-人間支援感性科学プログラムの可能性-
    11:30~11:50 知能情報システムプログラム
    林 隆史 先生
    インターネットの今とこれから
    14:00~14:20 社会基盤工学プログラム
    大竹 雄 先生
    自然災害を予測する
    14:30~14:50 化学システム工学プログラム
    郷右近 展之 先生
    太陽エネルギーについて考える~太陽熱利用の歴史~

    模擬授業テーマ紹介

    9日(水) 10:30~10:50
    協創経営プログラム  西口 隆 先生
    今なぜ文理融合が求められるのか?

     工学部でなぜ文系知識が求められるか、分かりにくいかもしれません。高い工学の専門知識を習得しても、それだけでは実社会ですぐに活躍できません。どんなに優れたスポーツ選手でも、部活動の運営をうまくできるとは限らないのと同じです。本講義では、実例を交えながら文系知識を身につけたエンジニアや工学知識を持った経営者・リーダーが世の中でいかに求められているかを解説します。


    9日(水)  11:00~11:20
    電子情報通信プログラム  佐々木 重信 先生
    「モノ」と「コト」をつなぐ〜情報通信の未来を考えよう

     情報通信技術(ICT)の進歩は、インターネットやスマホなどを通じて私たちの生活スタイルを大きく変えました。将来はICTがあらゆる「モノ」に入り、そこから得られるばく大な情報を元に新たなコンセプトやサービスを作り出す「コトづくり」がますます進んでくるでしょう。この授業では、「モノ」と「コト」をつなぐICTの未来について、その「見えない部分」に触れながら考えます。


    9日(水)  11:30~11:50
    材料科学プログラム  三俣 哲 先生
    柔らかさを自在に変えられる高分子材料

     物体の柔らかさが自在に変えられる材料「磁性ソフトマテリアル」を紹介します。磁性ソフトマテリアルは高分子材料に磁性粒子が分散されたもので、永久磁石を近づけると瞬時に硬くなります。このような材料はこれまでになく、コンピュータのマウス、ベッドや椅子の素材、振動吸収材などに応用することができます。硬さが変わる仕組みや応用例について紹介します。


    9日(水)  14:00~14:20
    建築学プログラム  加藤 大介 先生
    建物の仕組みを科学する

     皆さんは子供のころにシーソー,ジャングルジム,なわとび,ローラースケート,などで遊んだことでしょう。実は,世の中のいろいろな建物が安全に立っている仕組みはこれらの遊具と同じなんです。この模擬授業ではこのような建物の仕組みをやさしく解説します。大学では建築構造解析学という授業で勉強することになりますが,写真はその勉強をする前に作った自作トラスの加力実験風景です。


    9日(水)  14:30~14:50
    機械システム工学プログラム  松原 幸治 先生
    マイクロジェットエンジン研究開発の取り組み

     ジェットエンジンは、小型・軽量ながら大きな出力を生み出すことを特徴とし、航空機や発電システムの動力源として用いられています。これまで軽航空機や自動車には、ピストンエンジンが使われてきましたが、将来的にはジェットエンジンを超小型化したマイクロジェットエンジンが使われるかも知れません。この模擬講義では、マイクロジェットエンジンの研究開発において機械システム工学がどのように役立っているかについて話をします。


    10日(木) 10:30~10:50
    工学力教育センター  鈴木 孝昌 先生
    1年生から参加できる研究・開発プロジェクト

     新潟大学工学部には、普段の授業とは全く異なる学生独自の工学プロジェクト「スマートドミトリー」や「創造プロジェクト」が進行中で、多くの学生が工学を楽しんでいます。いくつかのプロジェクトを例に取り、サイエンス・インカレや国際学会での研究成果発表、ロボコンや学生フォーミュラなど全国大会での学生の活躍を紹介します。研究やものづくりの楽しさ、プロジェクトの雰囲気を感じ取ってください。


    10日(木) 11:00~11:20
    人間支援感性科学プログラム  橋本 学 先生
    芸術・スポーツで地域を元気にする!-人間支援感性科学プログラムの可能性-

     前身である福祉人間工学科は、生体医工学、健康スポーツ科学、芸術、音楽を融合させた融合領域分野「人間支援感性科学プログラム」となりました。本模擬授業では、当プログラムの概説を行いながら、工学部内に新たに加わったデザイン分野(芸術、音楽)・健康スポーツ分野における人間支援や地域支援の方法論として、担当教員が活動して来た取り組みを紹介しながら、工学部での今後の展開を提示します。


    10日(木) 11:30~11:50
    知能情報システムプログラム  林 隆史 先生
    インターネットの今とこれから

     インターネットはとても便利で社会や生活に不可欠な存在です。インターネットは、1970年代にはじまり今まで発展してきました。インターネットが社会の基盤として重要度を増すとともに、古い部分を新しくすることが必要になってきました。セキュリティを向上させ、種々のソフトや装置を自由自在に連携させるために、これからのインターネットはどうなるべきか、なろうとしているのかを解説します。


    10日(木) 14:00~14:20
    社会基盤工学プログラム  大竹 雄 先生
    自然災害を予測する

     社会基盤工学,土木工学,聞きなれない学問かもしれません。私たちは,暮らしを支える「まちづくり」をしています。「まちづくり」に重要な要素は様々ありますが,その1つに「自然災害からまちを守ること」があげられます。自然災害は予測できるのでしょうか。講師がこの学問にのめりこんでいった経緯を「自然災害」との観点で解説することで,この学問の魅力を伝えたいと思います。


    10日(木) 14:30~14:50
    化学システム工学プログラム  郷右近 展之 先生
    太陽エネルギーについて考える ~太陽熱利用の歴史~

     人類が使っているエネルギーの大部分は太陽に由来しています。現在の主要エネルギー源である化石燃料は、過去の太陽エネルギーのストックの利用であり,太陽は地球外からくる人類の歴史から見れば悠久のエネルギー源です。この授業では紀元前から現在に至る太陽エネルギー利用について,特に太陽光を集めて得られる太陽熱利用について紹介します。


    <プログラムブース>
    ・各プログラム等のブースにて,在校生交流コーナー,実験の実演等のイベントを実施します。詳しくは,工学部オープンキャンパス・パンフレットをご覧ください。 ぜひ,この機会にたくさんのブースをまわってみてください。


    <主なイベント>
    イベント名 時間・場所 内容
    機械システム工学プログラム
    ものづくり体験コーナー
    13:30~15:30(両日)
    107講義室
    ものづくりを体験してもらいます。希望者は,107講義室に開始時間までに集合してください(両日,先着20名まで)。
    機械システム工学プログラム
    機シスカフェ
    10:00~15:30(両日)
    C棟1階 108,
    リフレッシュスペース
    機械システム工学科現役学生と懇談
    機械システム工学プログラム
    研究室見学ツアー
    11:00~12:30(両日)
    各研究室
    機械システム工学科の研究内容および学生実験の紹介。希望者は開始時間前に107講義室前に集合してください。
    知能情報システムプログラム
    Kinectによるモーションキャプチャ体験
    10:00~15:30(両日)
    2階ロビー
    モーションキャプチャデバイス(Kinect)を利用したアプリケーションによるデモを,来場者に体験していただきます。プロジェクタを用いてアプリケーション画面を映写し,参加者の全身の動きに合わせた演出を行います。
    化学システム工学プログラム
    研究室見学ツアー
    11:00~,14:00~(両日)
    ※各回40分程度
    各研究室
    希望者は開始時間前に206講義室に集合してください。
    材料科学プログラム
    研究室見学ツアー
    11:00~,14:00~
    ※各回40分程度
    各研究室
    核スピン・エレクトロニクスの研究室と光エネルギー変換の研究室を訪問します。最先端の装置を見て,研究の現場を肌で感じよう。希望者は開始時間前に209講義室の前に集合してください。
    建設学プログラム
    建築模型展示
    10:00~15:30(両日)
    学生玄関
    建築模型を展示します。
    人間支援感性科学プログラム
    ♬ミニコンサート♪
    12:15~12:45(両日)
    教育学部H棟 合唱ホール
    人間支援感性科学プログラムの音楽担当教員や学生によるコンサートです。希望者は,12時までに学生玄関1階ホールに集合してください。
    工学力教育センター
    ロボコン・レスキューロボット展示
    10:00~15:30(両日)
    悠久会館
    ロボコン・レスキューロボットの展示・操作体験
    工学力教育センター
    フォーミュラカー展示
    10:00~15:30(両日)
    学生玄関外
    フォーミュラカー展示
    工学力教育センター
    スマート・ドミトリー各班ポスター展示
    10:00~15:30(両日)
    学生玄関
    スマート・ドミトリーテーマのパネル展示
    上記以外にも各プログラム等でイベントを行っています。詳しくは,工学部オープンキャンパス・パンフレットをご覧ください。

    各ブースでは,研究紹介や展示コーナーのほか,先輩たちとも直接話すことができます。
    いろいろなブースを回って,幅広い工学分野を体験してみてください。

    『夢ナビライブ2017(東京会場)』に参加します!

    7月22日(土)に開催される,大学研究&学問発見のための国公私立大 合同ガイダンス『夢ナビライブ2017(東京会場)』に,新潟大学工学部の教員が参加します。また,会場内には,新潟大学の個別相談ブースも設置します。
    興味のある方,本学の受験を検討されている方は,お気軽にお立ち寄りください。

    開催日時:2017年7月22日(土) 10:30~17:00
    開催場所:東京ビッグサイト 東1・2・3・4ホール
    参加教員:小椋 一夫 教授,田邊 裕治 教授,鈴木 孝昌 教授
         佐々木 進 准教授,佐々木 朋裕 准教授

    『夢ナビライブ2017(東京会場)』の詳細はこちらから
    ※入場無料,申込不要(講義ライブの受講は事前に申込みをすることができます)

    新潟県警察本部サイバー犯罪対策アドバイザー委嘱

    知能情報システムプログラムの林隆史教授が、6月19日、新潟県警察本部からサイバー犯罪対策アドバイザーを委嘱されました。林教授は情報セキュリティマネジメントやInternet of Things (IoT)のセキュリティなどを中心にサイバー犯罪対策についてのアドバイスや警察学校専科での講義などを行っていく予定です。

    サイバー犯罪対策アドバイザー委嘱

    2017年8月8日(火)『夢・化学21 化学への招待 新潟大学五十嵐キャンパス1日体験化学教室』が開催されます

    2017年8月8日(火),新潟大学五十嵐キャンパスにて日本化学会関東支部主催「夢・化学21 化学への招待 一日体験化学教室」が開催されます。 高校生および高校教員を対象に,新潟大学理学部,工学部,教育人間科学部,大学院自然科学研究科,超域学術院の化学系教員が化学実験教室および40分間の全体講義を実施します。今年度は15テーマの化学実験教室を予定しています。
    大学の実験室で楽しく化学実験を行い,また講義室で全体講義を聴くことで,大学の様子や雰囲気を知ることができ,かつ化学に対する興味・関心を持ってもらえると思います。参加は,教職員のみ,生徒のみでも受け付けております。
     なお,公開講座終了後,教職員懇談会を予定しております。高・大の化学教育関係者の連携を深める有意義な会にしたいと考えておりますので,是非,出席ください。

    『夢・化学21 化学への招待 新潟大学五十嵐キャンパス1日体験化学教室』
     主催 日本化学会関東支部・新潟県化学教育協議会
     共催 高分子学会北陸支部 新潟大学自然科学系附置センター ユビキタスグリーンケミカルエネルギー連携教育研究センター 環境材料ナノ化学教育研究センター

    ①日時:2017年8月8日(火)8時30分~16時30分
    ②会場:新潟大学五十嵐キャンパス
    ③対象:主に高校生(高校教員の参加も歓迎します)
    ④定員:100名程度
    ⑤参加費:無料
    ⑥申込み:高等学校経由での申込みあるいは個人での申込みの場合は,件名を「一日体験化学申込」とし,(1)氏名(フリガナ),(2)生年月日,(3)学校名学年,(4)E-mailアドレス(ファイルが受け取れるもの),(5)住所,(6)保護者名,(7)希望テーマ名を第三希望まで(午前・午後それぞれに)記載の上,電子メールで下記宛にお申し込みください。申込締切は2017年7月7日(金)です。
    ⑦申込先・問合先 新潟大学工学部 寺口昌宏
    Tel: 025-262-7491 E-mail: teraguti@eng.niigata-u.ac.jp

    プログラム等詳細は,下記からご確認ください。
    新潟大学五十嵐キャンパス一日体験化学教室プログラム(予定)(PDFファイル)

    平成30年度新潟大学工学部第3年次編入学学生募集要項を公表しました。

    【出願期間及び試験日】

    第3年次編入学(推薦による入学者の選抜)

    出願期間:平成29年5月22日(月)から5月25日(木)まで(必着)
    試験日:平成29年6月2日(金)

    第3年次編入学(学力試験による入学者の選抜)

    出願期間:平成29年6月19日(月)から6月22日(木)まで(必着)
    試験日:平成29年7月8日(土)
    ※詳細については、募集要項で確認してください。

    平成30年度工学部第3年次編入学学生募集要項(PDFファイル)

    【募集要項の請求について】

    募集要項の請求方法については,入試情報をご覧ください。

    【第3年次編入学(学力試験による入学者の選抜)の過去問題について】

    第3年次編入学(学力試験による入学者の選抜)の過去問題を,入試情報に掲載しています。

    ページの先頭へ戻る 新潟大学ロゴ

    サイトマップ / 学内専用