• 注目情報
  • 建築学
    プログラム

    プログラムの特色

    環境と調和した快適な
    建築・都市空間をめざして

    建築学プログラムが対象とする分野は、地震などの災害に強い建築物や優れたデザインの建築物の設計、快適な室内空間・生活環境の計画、持続可能な都市の計画やまちづくりの手法、建築に関わる様々な法規など多岐にわたります。そのため、工学的な知識だけでなく、自然環境や社会的な問題に対する深い理解、優れた芸術的な感性や倫理思考、人の意見をまとめて形にしていくコミュニケーション能力など幅広い教養を持った技術者を育成することが、社会から求められています。本プログラムでは建築材料・構造、環境工学、建築計画、都市計画、都市法といった専門分野の座学と実験、実践的な演習を通して、このような技術を持ったスペシャリストになるための知識を学ぶことができます。また、本プログラムが提供するカリキュラムは、一級建築士試験の受験資格を得るための学歴要件を満たすものとなっています。

    教育プログラム

    • 建築設計製図
    • 建築に必要な技術や知識を、設計課題を通して学んでいきます。設計には図面や模型で自分のアイディアを表現する技術のほかに、専門科目で修得した建築材料・構造、環境工学、建築計画、都市計画、都市法などの専門的な知識も不可欠です。(2〜4年)

    • 現場の体験重視
    • 建築計画演習(3年)では、長岡市栃尾のまちづくりに住民・行政と恊働して、計画立案・デザインを行なう実践的なカリキュラムを実施しています。このほかにも学外研修(2年)、現場見学(3年)によって優れた建築物や建築に関わる現場を見学する機会を設けています。

    • 卒業研究・卒業設計
    • 学生生活の集大成として、建築学プログラムでは卒業研究だけでなく卒業設計を選択することもできます。卒業設計では、自分で敷地やテーマを設定し、1年間をかけて大作に取り組みます。

    カリキュラム

    履修の流れ

    建築学プログラムの専門科目は、建築構造・環境工学・建築計画・都市計画の4分野からなります。2年次には基礎的な、3年次には発展的な講義科目と演習を学ぶことにより、次第に高度な専門的知識と、その適用能力が身につくよう配慮されています。各分野を総合する建築設計製図はつねに中心にあります。習った知識や理論を使い、与えられた課題を解決し、そのデザインを図面や模型に表現します。4年次では卒業研究や卒業設計を通して、問題の発見から解決までのプロセスを、実践して習得します。

    授業紹介

    建築環境工学Ⅱ

    建築環境工学Ⅱは、専門科目の中核的時期となる3年1学期に開講されている科目です。人間が住む建築や都市環境を快適な環境とするための環境工学の分野の中でも、人間の文化的生活を支える最も重要な要素である音および光・色彩について講義を行います。すなわち、音については聴覚の特性、静かで快適な居住環境を実現するための基礎となる諸概念を、光については重要な感覚器官である目や視覚と快適な環境との関連から始めて、疲れないで作業や勉学が行え、一方では落ち着きがあり寛ぎを与える光や色彩からなる空間の在り方を学びます。それらを通して、具体的に建物や居住環境の中に実現して行くための学問・技術体系および設計計画手法を学びます。また、測定機器を用いた測定や実際のコンサートホールのような施設の見学を通して、講義内容を体験的に理解し、またそれら計画手法がどのように実地に生かされているかを学びます。

    測定機器を用いた音環境の測定風景 コンサートホールの見学風景 能楽堂の見学風景

    プログラムの先端研究

    建築物の耐震性評価

    中村 孝也 准教授

    過去に発生した大地震では、建築物のある層が完全に崩壊する層崩壊の被害が数多く生じました。それら層崩壊した建物の大部分は古い耐震設計基準により設計されており、現在でも古い建物は多数存在しているため、今後大地震が発生した際に同様の被害が生じる可能性が大きいといえます。層崩壊は人命に直接危害を及ぼす破壊形式であるため、将来の大地震に対してこのような建物の崩壊を耐震補強によって防止することが必要であり、そのためには、柱が被害を受けて縦方向に崩壊する際の性状や建物の崩壊過程を把握しておく事が非常に重要です。
    そこで、建築物をより耐震性の高いものにするために、1)構造実験による部材(柱など)の崩壊性状の把握、2)電算機を用いた数値解析による建物の地震時挙動の予測、のふたつの面から研究しています。このように、将来の地震被害を軽減することを目指して様々な課題に取り組んでいます。

    地震被害を受けた建物の調査
    鉄筋コンクリート柱の破壊実験

    取得できる免許と資格

    免許

    • 高等学校教諭1種免許状(工業)

    資格

    • 一級建築士(2年の実務により受験資格)
    • 二級建築士(受験資格)

    就職状況

    ※ここでは、改組前の建設学科建築学コースの就職状況を掲載して
    おります。

    卒業後の進路

    2015年度の求人は123社でした。2014年度の就職希望の学生は学部4年生が28名、博士前期課程2年生が22名の計50名でしたので、求人倍率としては約2.5倍と高くなっています。

    ページの先頭へ戻る 新潟大学ロゴ

    サイトマップ / 学内専用